昨年の秋に仮植した苗木を掘り取り、低温
貯蔵庫や雪中埋蔵で保管します。
 1区画ごとに本数を確認しながら、梱包作業
を行いました。
 低温貯蔵庫は、マイナス1℃〜マイナス4℃
に保たれます。植樹祭までの間、この状態で
保管します。
 弊社では、平成元年に開催された「はまなす
国体」にて、使用されたハマナスの開花調整を
行った実績があり、ノウハウを活かすことが
できました。
 6月18日、出荷間近には、急激な温度変化を
避けるため、涼しい予備室へと苗木の移動を
行いました。
 6月20日、雪中埋蔵と低温貯蔵庫で保管され
た苗木を、植樹会場に仮植する作業を行いま
した。
 幹や根に異常がないか、再度確認を行いな
がら、仮植作業を進めていきます。
 植樹祭が行われる前の静川会場です。ここ
に約2万本の苗木が植えられました。
「竹内の仕事」表紙ページへ戻る