3月31日、美瑛町の御協力のもと、雪中埋蔵
の準備として雪山を5m以上積み上げました。
 4月14日、苗木を埋蔵するため。重機で深さ
3mの穴を掘りました。
 芽吹きを遅らせるため、約2ヶ月の間、雪中
で苗木を保管しました。
 関係機関からの御指導のもと、作業を進め
ていきました。
 苗木の埋蔵は2段に分けて行うため、中間に
雪をかぶせました。
 全ての苗木を埋蔵した後、ミラーシートを
全面に掛け、雪解けを遅らせます。
 5月7日、雪解けが進んできたので、周辺に
雪が残っているうちに雪山に集めます。
 6月13日、埋蔵していた苗木の掘出しです。
雪山を作ってから2ヶ月以上経過しています。
 重機で大まかに雪を取り除いた後、苗木の
近くでは傷をつけないように、手作業で堀り
進めます。
 掘り出した苗木はその場ですぐに梱包し、
植樹祭が行われる、苫小牧市静川の会場へと
搬送します。
「竹内の仕事」表紙ページへ戻る